昔から枝毛や切れ毛になる事が多い

枝毛や切れ毛も髪のトラブルの代表格です。特に多くの女性が枝毛や切れ毛に悩んでらっしゃるのではないでしょうか。実はこの枝毛や切れ毛は男性でも起きます。そして男女共に共通する部分として、髪の毛が長いという共通項があります。

髪の毛の成分は主にタンパク質で出来ているわけですが、このたんぱく質が長期間、正しいヘアケアもされずに厳しい自然環境の中に晒されていくと徐々に痛み出します。髪の毛は毎日日光の光を浴び、シャンプー後のブローにも耐え、そしてブラッシングによる摩擦にも耐えているのです。

これで枝毛や切れ毛にならないほうがおかしいでしょう。長期間1本の細い毛がそれだけの環境に置かれれば、やがて傷まない方がおかしいのです。ここで重要な事が普段からしっかりと、正しいヘアケアを行う事で、枝毛や切れ毛を予防する事ができます。

髪の毛の成分の多くはタンパク質であるわけですが、このたんぱく質は放置していく事でどんどん劣化していきます。つまり劣化を防ぐことさえできれば、しっかりと栄養の通った髪の毛になるはずです。

具体的に言いますと髪の毛のキューティクル成分と保湿成分をキープさえできれば、枝毛も切れ毛も無縁となります。その為には必要以上のブローは避けたいところですし、またブリーチも髪の毛を傷める要因となりますので出来るだけ避けたいところです。

このように普段からヘアケアをしっかりと意識する事で、ある程度の髪の毛のダメージを防ぐことができるのです。

長い髪なのにいつも髪に艶がない

髪の毛はもともとタンパク質の塊ですし、長い髪の毛はずっと長い間、過酷な環境下に晒されていますので、しっかりとしたヘアケアができていないと、艶が徐々になくなっていきます。では髪の毛に艶がナックなった時、どのような対策を講じてヘアケアをしていけばいいのでしょうか。

まず髪の毛のつやは特に更年期を境に急激に低下していくようで、原因として髪の毛の中に含まれているミネラル成分やビオチンなどが急激に低下してきているからと言われています。

またこれらの成分が急激に低下している要素に、ブローやブリーチなど、髪の毛を傷める行為があり、それによって髪の毛のキューティクル成分が剥げてきているのです。そこで改善したい事として髪の毛を栄養素をしっかりとキープしてあげる事が重要です。

そのためにはブローやブリーチを控えた上での食生活の改善をすることで、正しいヘアケアをしていくことになります。食生活を変えて髪の毛に良い成分の食事に切り替えていく事で、髪の毛の保湿やキューティクル成分が蘇り、もとの艶やかな髪質に生まれ変わります。

こうする事で長い髪の毛ヘアケアを促進させる事ができますので、いつまでも艶ややかな髪質が守られていきます。基本的に長い髪の毛には天使の輪があるといわれています。

天使の輪とは、頭頂部にかけて髪の毛の光沢があつまった部分を指し、この天使の輪があるかないかで、髪の毛の艶が判定できます。天使の輪がある人はまだ大丈夫ですが、天使の輪が亡くなっているのであれば、ヘアケアをしてしっかりとコンディショニングしていく必要があります。

どんなヘアケアシャンプーが良いの?

髪の毛のヘアケアは毎日の入浴でケアしていく事ができます。つまりシャンプーする事である程度ヘアケアできるのです。

しかし世の中には無数のヘアケア関連の洗髪料が売られていますし、どれが自分自身の髪質に合ったものかを選ぶのは非常に難しいのが現実です。

そこで高いヘアケア効果を上げると言われているシャンプーを選ぶ際のコツとして、多くの人に愛用されており、また継続的に売れている商品、つまりヘアケア効果の高いロングセラー商品を選ぶ必要があります。そこでお勧めしたいのがノンシリコンシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーは、多くのシャンプーに通常配合されているシリコン成分を取り除き、自然な艶をだすために、オーガニック成分を主体としています。従って人工的な艶を作るのではなく、あくまで自然な艶を出すためのシャンプーであり、植物由来成分によって髪の毛を自然な状態に戻していってくれます。

これによって必要以上のダメージを髪の毛に与えない効果が期待できるのです。100%天然由来のゼロシャンプーは植物由来成分でしか作られていません。そのため通常おこなう人工的なシリコンを髪の毛に与えるコンディショナーの作業も不要で、シャンプーだけでヘアケアが完了してしまうのです。

そんな評価の高いシャンプーは、今でも多くの女性から熱烈な支持を受けているシャンプーの一つなのであり、またゼロシャンプーは長年使い続ける事で、完璧なヘアケアを実現することができるのです。

毛髪トラブルと日常生活の関連性

髪の毛とはケラチンと呼ばれるたんぱく質の集合体である事から、その原料となるものは身体の中で作られた栄養素が原料です。

ということは、もし髪の毛に何らかのトラブルが起きているのであれば、それは身体の中の栄養素が不足しているとか、栄養が正常に生成されていない事を示しますので、ヘアケアをして髪の毛を労わるという作業よりも、生活習慣の改善が先に地理組むべき課題になります。

では髪の毛を労わるための生活習慣の改善とはいったいどのようなものになるのでしょうか。まず出来る事として、食生活の改善です。髪の毛はタンパク質の集合体ですから、できるだけ多くのタンパク質を摂取して行かなくてはなりません。

そして脂質や糖分をできるだけ抑えた食生活に変えなくてはなりません。具体的に言いますと、野菜や鶏肉、または魚といった食品を多く取るようにして、逆にご飯やお肉やお菓子といったものを控える必要があります。

そして改善すべき生活習慣として、睡眠があります。人の髪の毛は活動している時間ではなく寝ている時に生成されますので、シッカリと寝る時間を確保しなくては、髪の毛の生成に影響を与えます。

いくらヘアケアをして髪のケアをしたところで、それは付け焼き刃でしかなく、元気な髪の毛を育てるといった本質的な部分はなにも変わっていないのです。
このように髪の毛は意外なくらい、意外な習慣でいくらでも元気な毛髪に変える事ができます。

そしてヘアケアの基本である生活習慣の改善すれば、意外なくらい少額投資で元気な髪に変える事ができるのです。

サプリメントで育毛する時代です